Future of maternal and child welfare

Kon, T.

Josanpu Zasshi 25(2): 62

1971


ISSN/ISBN: 0047-1836
PMID: 5205872
Accession: 043172141

Download citation:  
Text
  |  
BibTeX
  |  
RIS

Article/Abstract emailed within 1 workday
Payments are secure & encrypted
Powered by Stripe
Powered by PayPal

Abstract
WHO(世界保健機構)カ日本a)母 子保健はノーベル賞ものと激負した とt J =ューメはまた耳新しし。 に しカに戦後の母子保健水準の改善は 著ししものカあり 母子保健関係昔 の努力は高く評価されてよし。しカ し また 妊産婦の死亡幸や周産期 死L 撃は依熱高く 力Iに( I91度経 済成長の歪みは 地域組織の崩壊 生活環境の汚染 丹性巳識の喪入 性の退廃なととなって 母子の健康 を脅かしてしJ。昨年 25世紀の人 づくりを合言葉に華やカにフタート した70年代の母子保健は よつやく 展開されてゆーうとしてしるo これ からの母子保健は何をめさしC、る か 最近の動きカら探っぐみよう。

Future of maternal and child welfare