Future of the study of tuberculosis--from the standpoint of chemistry

Yamamura, U.

Nihon Rinsho. Japanese Journal of Clinical Medicine 32(5): 993-997

1974


ISSN/ISBN: 0047-1852
PMID: 4858988
Accession: 043172232

Download citation:  
Text
  |  
BibTeX
  |  
RIS

Article/Abstract emailed within 1 workday
Payments are secure & encrypted
Powered by Stripe
Powered by PayPal

Abstract
アジア,アフリカその他世界の各地における状況を 考えると,結核病はまだまだきわめて重要な人類の疾 患である.わが国の結核研究者の質から考えると,現 在では広く世界的に指導的立場にたつという配慮が行 なわれてよいであろう,私達はすぐれた後継者を育 てるために,学問の動向を充分に見きわめ,研究環境 を整備し,そのために必要な研究費を確保しなければ ならない.そのためには研究所と病院とをもつ,国際 的規模の国立の結核センターの設立を考えてもよい. しかし,学問の進展は所栓は研究者というプロの集 団に依存していることは最初に強調して述べたところ である.結核病学会はこのようなプロを育て,国際的 に評価されるすぐれた研究を展開させる場として役立 つ必要がある'そのための反省と努力に欠けるところ がないといえるだろうか. このようなプロの集団が数は少なくとも残り,結核 というプロジェクトと, 自らのプロ意識に恥ずること のない方法論とをあわせ持って研究を進めるならば, 結核病学の将来は明るい.はなやかな大学会は不必要 で,数少なくとも真摯なすぐれた研究者の集団こそ必 要である.

Future of the study of tuberculosis--from the standpoint of chemistry